フレッシュフルーツ青汁ってどんな青汁?

すっきりフルーツ青汁 フレッシュフルーツ青汁

「食べていないのに、運動しているのに、痩せない…。」そんな悩みを持つ人は多いのではないでしょうか?
ダイエットをしていても痩せないのは、毎日の栄養不足が原因です。
栄養が不足すると、脳が満足せず、「もっと食べたい」と言う信号を送ってしまうため、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。
そこで、毎日の栄養をしっかり補えて、カロリーをグッと抑えた「フレッシュフルーツ青汁」が開発されたのです。
このフレッシュフルーツ青汁は、1杯あたりのカロリーが9.9kcalなんです。
ご飯を1食フレッシュフルーツ青汁に置き換えるだけで、927キロカロリーも押さえることが出来るのです。
ただ、青汁は苦くて美味しくないイメージの強い飲み物ですよね?
従来の青汁は「ケール」をメインに作られており、このケールが青臭さや苦みの原因でした。
フレッシュフルーツ青汁は、青汁特有の飲みにくさを抑えるために、大麦若葉やクマザサ、明日葉を使用し、苦みや青臭さを解消し、美容にも良いと言われているフルーツをたっぷり凝縮することで、青汁本来の栄養価はそのままで、従来の青汁より飲みやすくなっています。
そんなフレッシュフルーツ青汁は、1ヶ月30包が通常価格4,352円のところ、「お試し定期コース」を申し込むことで、初回980円で購入することが出来ます。
また2回目以降も2,980円でお届けしてくれます。

 

フレッシュフルーツ青汁の原料・成分

気になるフレッシュフルーツ青汁の原料や成分についてまとめていきたいと思います。
ダイエットの天敵でもある野菜不足や、偏りがちな栄養を国内で厳選した大麦若葉、明日葉、クマザサと3つの野菜でしっかりサポートしてくれます。
緑黄色野菜の王様とも言われている大麦若葉は、みかんの4倍のビタミンC、食物繊維はキャベツの10倍、不足しがちな鉄分は小松菜の20倍も含まれている野菜なのです。
また脂っぽい料理が好きな方には、貴重なポリフェノールの一種である「カルコン」を豊富に含み、大麦若葉を凌ぐ栄養価を含んでいるとも言われているクマザサは、体内で作ることの出来ない必須アミノ酸を多く含んだ野菜なのです。
この3つの野菜を基本に、フルーツや野菜エキスでビタミン・ミネラルといった美容成分をしっかり摂取できるようになっています。
他に、多くの専門家や美容家も注目している生の酵素が112種類も入っています。
フレッシュフルーツ青汁は、熱に弱い酵素を特許製法で、衛生的に粉末にすることで、生きたまま酵素を体に届けることが出来ます。

 

すっきりフルーツ青汁とフレッシュフルーツ青汁の違い

すっきりフルーツ青汁と、フレッシュフルーツ青汁の違いについてまとめていきたいと思います。
どちらの商品の成分も栄養価の高い大麦若葉や明日葉、クマザサ、美容に良いと言われるコラーゲン類や乳酸菌と言った美容有効成分等、特に大きな違いはありませんでした。
2つの商品の違いは、酵素の種類のようです。
すっきりフルーツ青汁は酵素の種類が80種類以上だったのに対し、フレッシュフルーツ青汁は112種類もの酵素が配合されています。
また、熱に弱い酵素をフレッシュフルーツ青汁は「生」のまま粉末にしていることで、生きたまま酵素を体内に届けることが出来ます。

 

すっきりフルーツ青汁とフレッシュフルーツ青汁−買うならどっち?

すっきりフルーツ青汁は、ラクトコースに申し込んだ場合、1ヶ月30包入りで、初回630円(税別)、2回目以降は13%オフの3,480円となっています。
一方、フレッシュフルーツ青汁は、お試し定期コース申し込みで、1ヶ月30包入りが初回980円(税別)、2回目以降は2,980円(税別)となっています。
両商品とも、主原料で使用されている野菜に大きな違いはなく、フルーツや野菜エキスを凝縮し従来の青汁の苦みや青臭さを抑えた飲みやすい青汁です。
成分に関しては、フレッシュフルーツ青汁には生きたまま体内まで届く「生酵素」が112種類が含まれており、飲み続けること、効果、価格帯を考えると、フレッシュフルーツ青汁の方がおススメと言えます。
ただ、味や匂いの好みもあるので、公式サイトの情報や口コミなどを比較して選ぶと良いかもしれません。
いずれにせよ、ダイエット効果を実感するためには、定期購入で継続して飲み続けることが必要です。